耳コピーする曲を楽譜に書くコツ

公開日: : 最終更新日:2015/06/04 未分類

楽譜に書くコツ

まずは、オーソドックスに、5人のメンバーで構成されてるバンドのCDの耳コピーをするというテーマで書きます。楽器は、ドラム、ベース、ギター、ピアノ、ボーカルがいるとしましょう。

準備するものは

1、CDとプレイヤー、モニターヘッドフォンと普通のイヤフォン合計2つ、鉛筆、消しゴム、五線紙、確認用ピアノかキーボード用意します。

2、五線紙の一番左の空白 各段に、5パート分の楽器名を書きます。

五線紙に各パートを書く順番

書く順番は、上から ボーカル、ピアノ、ギター、ベース、ドラムです。

   ▲ここで注意、

音域の広いピアノの場合、五線譜を2段取って作成します。

ピアノパートの上がト音記号、下がヘ音記号です。

また、ドラムにラテンパーカッションなど、普通のドラム以外の音がが入っているなら、ドラムパートも五線紙を2段とる必要があります。

そして、これらを20−30ページくらい、書く事になるかもしれないので、このパートの書き込みを前もって、たっくさん作っておきましょう。

省略して、ボーカルはvo,ピアノはp,ギターはgt、ベースはb、ドラムはdr など、私は書きます。

次に音楽記号を書きこむ作業

3、次に、各パートにト音記号かヘ音記号を書き入れます。ボーカル、ピアノ、ギターは 基本 ト音記号、ベースとドラムは ヘ音記号を書きます。(曲によります)

4、五線紙、鉛筆、楽譜を書けるテーブル、耳にヘッドフォンをかけ、CDプレイヤー電源ON、この5つのセットを準備します。

5、五線紙をテーブにおいて、鉛筆を持った状態で、CDをスタートします。

そしてCDのイントロから、エンディングまで、五線紙に「正確に」小節線を書き込み続けていきます。これがとても大切です。五線譜一段に4小節書けるように とりあえず作ります。これで、この曲は全部でどの位長い曲かが、わかります。

6、次に、小節線の上に、1、2、3、4、5、6、7、と小節数をつけていきます。今、何小節目を耳コピーしてるかが分かるようにするためです。これをする事で、途中、今どこなのか迷っても、比較的、把握しやすくなりますので、私は必ずします。

 

関連記事

no image

2016年3月 楽器の学び ソプラノリコーダーとカリンバ

ソプラノリコーダーは学校ではおなじみの楽器ですね。

記事を読む

2016.7月 新しい生徒さんがご入会されました。

小学1年生のキュートで可愛らしい女の子です!!ウエルカム!! 歓迎します❤!!HPをご

記事を読む

2016年1月 楽器の学び 三味線  ❤

 

記事を読む

9月の学び 

モールス信号電鍵とマイクで SOSの符号を学びました。 次はマラカスです。

記事を読む

7月の学び 

ハワイの感じが出ていて、超カワイイです。 今度は、アコーディオンです。

記事を読む

7月の学び 

ウクレレに挑戦して頂きました。 続いては、アコーディオンです。楽しく即興的に、演奏

記事を読む

2016.4月 新しい生徒さんがご入会されました!!

HPを見て下さり、ご入会下さいました3才になられる女の子です。 このようにHPを見てお

記事を読む

耳コピーで5人編成のバンドの音を取る順番

では早速、音をとって行きます。これは私の取り方です。 1、まずボーカルを先に音とりします。 理由

記事を読む

11月の学び 

チェロを初めて弾かれました。 チェロを支えながら、弾いて下さいました。

記事を読む

8月の学び 

8月はトルンを学んでもらいました。 今度はオカリナです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner
PAGE TOP ↑